カフェふたば高岡市の占い師、美月惟花さんの占い体験談

相談者、男性。


公式サイト

富山県高岡市末広町11-6 006号 BLACKBOX

0766-54-6139

美月惟花さんは「カフェふたば」でも鑑定しています。

ウェブで見つけたので申込んでみました。

土曜日は17時から鑑定可能のようです。

メールで申込みました。

しばらくしてから、返信が来ました。

>>
申し訳ございませんが、本日17:00より2名様のご予約が入っておりますので、他のお時間でお願いできないでしょうか?
本日であれば18:00~19:30の時間帯でお取りできます。
ご希望のお時間をお伝えくださいませ。

>>という内容です。

先約があるということは人気があるのでしょうか?
18時で申込みます。

駐車場がないので、近くの高岡市営駐車場、または関野神社の駐車場を使用して欲しいとの連絡がありました。

一時間の駐車券をもらえるそうです。日中の時間帯はなぜか営業時間外のようです。

オンラインショップでは、

ドクロや、

肖像画や、

手作り口紅キットの販売もしているそうです。

なぜドクロなのかは、現時点では不明です。黒魔術でも使うのでしょうか?

かわいい女の子の肖像画とドクロ、手作り口紅キット、何とも不思議な組み合わせです。

駐車場はないので高岡市営駐車場にクルマを置いて来ました。

指定された時間、約30分前にお店の前に着いたのですが、準備中の看板がかかっています。先約が2名あるとの事でしたが、中で鑑定中なのでしょうか。それとも別の理由でしょうか。


近くのコンビニで時間を潰します。

10分前ぐらいに再びお店を訪れます。まだ準備中の看板がかかったままです。中に人がいないのでしょうか?
インターホンを押すと部屋の主が出てきました。

写真よりも、実物の方が素敵でした。

四柱推命の占いをしている「かぐやひめ」のオーナー、石崎さんと似たような雰囲気でした。

もうしばらくお待ちくださいと言われて追い返されました。仕方なく外で待ちます。少し寒いです.

約束の時間の18時を過ぎました。それでもなお、お店の前の看板は準備中のままです。

後で気づいたのですが、「おまたせいたしました。今大丈夫です。」というメールが18時6分に来ていました。

しかしながら、そのメールには、そのときにはまったく気が付きませんでした。

外で待っていると女性二人が歩いて来ました。

親子でしょうか?

どうやら終わったようです。

店の前の看板は営業中に変わっています。

マンションの一室なのですが、中に入ると女子力高い?ような気がしました。

過去に、付き合っていた女の子の部屋に初めて入ったときのことを、思い出しました。

女性の部屋に入るのは何歳になってもドキドキするものなのでしょうか。

別れた、あの女性はどうしているかな?なんてことも考えました。

ベッドに腰掛けるように促されます。

女性の部屋にあるベッドに座る。

変な妄想をしそうになりました。

問診票?のような用紙に名前、生年月日を記入します。

コーヒーを出されました。インスタントではなくドリップのコーヒーです。

手相占い


メニューはいくつかあるのですが、一番オーソドックスということで手相占いから始めます。

手相占いといえば数年前に大阪で鑑定してもらった、木村龍元 (伯龍)以来ではないか。

関西では人気が高いようですが、あまり参考にならなかった占い師です。

私が鑑定してもらった時には兵庫県や京都府からも先約が入っていました。

私が関西で一番だと考えているのは東田紅峰(後述)さんです。

残念なことに現在は高齢を理由に活動休止されています。存命でしょうか?

話が飛びました。

軽く掌を組んで、美月惟花さんに下になる方の手を見ます。

私の場合、左手です。

枕の上に手をのせて見てもらいます。

仕事のことについて相談しました。

結論から言うと「今の仕事は長くは続かない。1,2年後には結論が出る」というような意味のことを言われました。

「太陽線に横線が入っている。障害を意味する。現在だけの状況」

私は現在「だけ」ではなく過去にも、この横線はあったので、今までずっと障害だらけっだたのではないか?なんてことを思いましたが。。

気をつかって「現在だけ」と仰ったのかもしれません。

手相鑑定は、あっという間に終わりました。

前述の大阪の木村伯龍は、「だーっ」と一気にしゃべりますが、美月惟花さんは要点だけ、聞かれたことだけを答える感じです。

金運は良いみたいなことも言われました。

他にも聞きたいことはあったのですが、他にもたくさんメニューがあるので次のメニューに進みます。

トランプ占い ピラミッド

いくつかあるコースの中から「願い事占い」を選択します。

タロットではなくトランプを取り出しました。

タロットカードよりもトランプの方がカードの枚数が多いから良いのだとか。

トランプを見た時点で不二越のかすりもしない、当たらない占い師、ピーランドのことが思い出されます。

シャッフルをして左手で取ります。

足して13になるカードをはねます。

後で調べると「ピラミッド」というらしいです。

見ると一番上にダイヤのキングKが来ています。

一応、最後にはテーブルの上のカードは綺麗に無くなりました。

「確率的にもOK.快調⇒不調はあるが、最終的には希望は叶う。ダイヤの2で止まっていた。計画してやるよりも感覚的に人に聞く方が良い」とのことでした。

後で調べてみると最後に何枚か残るのが普通だそうです。

姓名判断

続いて姓名判断です。

最初に記入した問診票みたいな用紙に記載された私の名前を見て、スマホで画数を調べます。

「苗字についてですが、(天格)21画は独立運、外格にも21画があるので、独立運は強い。

地格と人格の画数が同じ、あまり良くない」

「立身、気持ちが先走る。強くなる。冷静に、客観的に人の意見を聞く」

「良い判断をするためにリラックス。猛突進してしまう画数。人の意見を聞く」

猛突進してしまう画数というのは自分でも思い当たる節があります。

画数の数え方

美月惟花さんの画数の数え方ですが、新しい?やり方です。

古い姓名判断をする占い師は「六」を6画、「隆」を17画、「裕」を13画で数えたりします。

帰納法的に見て、(実は私は自分でも姓名判断が出来ます)実際の画数で数える方が「正」であると考えています。

前述の文字でいうと「六」は4画、「隆」は11画、「裕」は12画です。

たまに、古いやり方で字画を数える占い師がいますが、私の場合、この時点でアウトです。

「当たらない」の烙印を押してリピーターになることはありません。

美月惟花さんは少なくとも、この点では合格です。

余談かもしれませんが、私が占いに興味を持った、あるいは姓名判断を覚えたのは大阪の東田紅峰さんがきっかけです。

時期的なことも含めて、東田先生よりは、はっきりと言われることはありませんでした。

後で聞くと「昔、手加減せず見えたことをストレートに言って、よくお客様を泣かせてしまったので」ぼかして言うことにしているそうです。

深いですね。。

アゲでもないけれどコールドでもない。。

依頼者が望んだことであっても嘘は言わない、、という感じでしょうか。

但し、占いジプシーの私としては、はっきり言われないことに多少の不満を持ったことも事実です。

レイキヒーリング

せっかく来たのでレイキヒーリングの30分コースを追加で申込みます。

「時計、メガネなどの金属を外して下さい」と言われます。

ベルトのバックルも金属なので外しましょうか?と聞いたのですが、必要ないとのことでした。

密室でズボンを下ろされたら困るとでも思ったのでしょうか?

ベッドに横になります。

静かな音楽をかけます。

部屋の中にはご自身が描いたというイラストが飾られています。

「美大卒ですか?」と訊くと「教育大学卒」ですとのこと。絵は独学だそうです。

横になった状態で目、耳、首の後ろ、胸、腹に手を当てて行きます。

美人に身体を触られるとドキドキします。

上から順番に身体を触っていくので、さらに下に行くか?なんて妄想をしたのですが、それはなかったです。

20分は、あっという間でした。

しかしながら、壁が薄いのでしょうか?隣の部屋で野菜を切る音、食器を洗う音が聞こえます。何となく気が散りました。

メッセージ伝授に入ります。

「眠れていない?」と訊かれました。

当たっています。

しばらく前まで仕事の関係上、時間が不規則な生活をしていましたので、睡眠不足が常態化しています。

美月惟花さんも眠くなったとのことでした。

霊媒体質の人はうつりやすいと聞きますが、そうなのかもしれません。

「光のない所に花が咲いている。植物は太陽がないと育たない」

「ランプはあるけれど油がない。やりかたは知っているけれど燃料がない」

「身体が疲れている」

「立場の高い成功している人と会食している。相手はスーツを着ている社長?」

「天井が赤い建物、鳥居?古い建築物」

「最後に自然の緑、真っ白い鳥、ハト?」

「調和、相手に無害と思わせる」

「結果を焦らない」

こんなことを言われました。

抽象的な表現かもしれませんが、ドキリとしたことも事実です。

特に、

「光のない所に花が咲いている」

「ランプはあるけれど油がない」

には、ドキリとしました。

言い得て妙な表現です。

今回、初めてレイキヒーリングなるものを受けました。

気功のようなものかなと想像していたのですが、違うようです。

最後に、今日の鑑定に使用した用紙とパンフレットを緑の封筒に入れて手渡されました。

合計7000円です。

後で知ったのですがLINEを登録すると初回のレイキヒーリングは1000円引きだそうです。

少し失敗しました。

感想

最後に感想ですが、美月惟花さん、富山県の占い師にしてはなかなか良いと思います。

少なくとも高岡市のタロット占い、さろんどあい、不二越のピーランドよりは絶対に良いです。

「さろんどあい」では、こんな割引券をもらいましたが、リピートする気はないのでゴミでしかありません。

それにしてもレイキヒーリングは不思議な体験でした。

あえてケチをつけるならば抽象的な表現で具体的に、どう行動するべきがか良く分からないということでしょうか。

しかしながら、話を聞いてもらえるだけで落ちついたのも事実です。

北陸では金沢のシジャンさんの霊視占い。富山市の内田湖亥さんの方が具体的なアドバイスを聞けるかもしれません。

ヴェルニでは千晶さんが最強でしょうか。


error: Content is protected !!