鶴岡八幡宮でお守りを買う

愛知県に住むサユリです。30代の主婦です。


最近は少しマシになりましたが、不運が続いていることに困っています。
具体的には去年の今頃の季節からです。
主人の義父母から精神的な攻撃をまともに受け、私は体調を崩しました。
このとき特に主人のフォローはありませんでした。
自営業の嫁ということでストレスが溜まっていたのもあるのでしょう。
初めは膀胱炎になり、それから精神的にもおかしくなっていきました。
自宅に居て主人の顔をみるだけで動悸、息切れ、吐き気などの心疾患があり、終には家事もまともにできなくなったので心療内科へ通院することになりました。
病院では、適応障害と診断されカウンセリングをすすめられました。
自宅付近は義父母だけではなく主人の叔父や叔母もすんでおり、この人たちは職場でも一緒だったので、このままでは通院してもあまりよくならないだろうと思った私はあることを決意しました。
それは頻繁に実家へ帰ることでした。
新幹線で片道1万円ほどかかりますが、体調が良くなるまでは月一で実家へ帰ると決めました。
だいぶ実家にいる期間は減りましたが、今でも月一で実家には帰省しています。

それから同時期に主人の病気が発覚したこともツイていないと思いました。
主人は元々腎臓が弱く、片方ほとんど機能していないのですが、元気な方の腎臓に石ができてしまったのです。
執刀医が3人でかなり難易度の高い手術だと聞いていたので心配でした。
透析のリスクもあったのでこのときは本気で離婚や別居を考えていましたが、とにかく無事に手術は成功してほしいと思いました。
私は厄年で大厄でもあっため、厄払いをしました。
鶴が丘八幡宮に行き、厄を落としてお守りも買い、夫婦でおみくじも引き、主人は大吉、私は中吉でした。
このおみくじの結果をみて、少しだけ不安が解消されたので良かったです。

手術当日、当知神社で祈願して結果、無事成功しました。
思ったより痛みもなく回復も早かったので本当に良かったです。
主人が入院中と退院してから、合計三回は神社に行ったと思います。

私が開運のためにしたことは神頼みのみです。
ゲンかつぎはとくにしていません。
あとはなるべくプラス、前向きに考えて厄年だから仕方がないと自分にいい聞かせるようにしています。
その後も、ペットのハリネズミがなくなったり、一ヶ月に30万不意の出費があったりと今だ不運が続いています。
なぜ自分だけこのようなめにあうのだろう、不幸だと思うことも多々あります。
ですが、ハリネズミのことはともかく、そのほかのことは結果として何とかなっています。
主人と私の体調も以前と変わらなくなるほど回復しました。
来年はきっともっといい年になるからと、自分に言い聞かせながら私は今生活しています。

⇒当たる!電話占い

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする