長野県にある「貧乏神神社」の口コミは?ご利益ある?

大阪に住むケイイチです。30代の男性です。

お金があまりにもなくて困った月がありました。
まず、友人の結婚式が同じ月に2回重なったため、これがまず大きな出費です。
これはあらかじめわかっていた出費だったので、ちゃんと準備をしていました。
これ以上イレギュラーな出費があったりしんどいなあ・・・と思っていたところでやってしまったのが、自宅のパソコンにジュースをこぼして破壊してしまったことです。

そのころ自宅のパソコンでいくつかの仕事をしていたので、壊れたままではとんでもないことになってしまうので、急遽修理代7万円を払って、修理をしました。
パソコンのかなりコアな部分に水がかかってしまったようで、今冷静に思えば新しいパソコンを買ったほうが安上がりだったと思うのですが、当時はそんな判断をできる余裕がありませんでした。
「お金がない・・・どうやって資金繰りしよう・・・」
四六時中、頭を使ってどうにかするように努力していましたが、
その考え事をしながらの生活が裏目に出てしまい、車を運転していて物損事故を起こしてしまいました。


壊したものは保険でなんとかなりましたが、自分の車の修理代は保険の対象外だったので、さらに20万円の出費・・・。
何かに呪われているんじゃないだろうか?
自分がこんなに不幸な気分なのに、かたや友人は結婚して幸せそうにしている・・・。
同じ人間なのになんでこうも不公平なのか?と、結婚式で思いっきり落ち込んでしまいました。
ゲンかつぎとして、家に盛り塩をしたり、家具を風水的に良いとされている位置に移し変えたりしました。


さらに、前から行きたいと思っていた、長野県にある「貧乏神神社」にいい機会だから行ってみよう!と思い、出かけました。

この貧乏神神社は、神様にお願いをしにいく場所ではなく、自分の中に居る貧乏神をみたてたご神体を棒で殴ったりすることによって自分の中から追い出す、という儀式を行うちょっと変わった神社なのです。
神主さんから熱い激励をいただき、元気を取り戻して地元に帰りました。

その後は大きな出費をすることはなくなり、その年の競馬の有馬記念では人生で初めての万馬券をとることができました。
もっともその配当は、友人の結婚式のご祝儀もまかなえないくらいの額だったので、不運な出費をカバーできるものではありませんでしたが。
しかし、なんだかそれから金運が戻ってきたような気がしてきて、仕事もなんとか好調になってきています。
一攫千金の大きな収入があるわけではありませんが、大きな出費がなく平穏に過ごすことができているのが、一番ラッキーな状態なのかもしれません。

電話占いピュアリ七音(ドレミ)先生の占い体験談
ドレミ先生に仕事の将来、結婚のこと、いろんなことを相談しました。気分が軽くなった感じがします。とても明るい先生です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする