復縁で結婚なんて!うまくいくわけない?浮気を男が。

管理人のヒロです。今回は神奈川県のアイナさんの体験談を紹介させていただきます。

私と彼は大学生の時に共通の友人の紹介で出会いました。私は彼氏はいなかったのですが特に欲しいとは思っていませんでした。
友達が良い子だから一回とりあえずご飯にでも行ってみてと言うので、友達がそこまで頼むのだったらしょうがないかという気持ちで食事に行くことにしました。

当時お互いに20歳で大学生でした。彼は少し背が高くきりっとした切れ長の目をしていました。
外見だけ見ると少し怖そうに見えるなと思ったのが第一印象だったのですが、喋ってみるととても気さくで良く気の利く人でした。
友達として二人で何度か食事に行ったり映画を見に行ったりしたのですが、いつも穏やかで笑う時はとても優しそうに笑い、第一印象とは正反対の優しそうだなという印象を持つようになるほどでした。

2人で食事に行ったりする関係が2か月ほど続いたとき、いつも遊んだ帰りは車で家まで送ってくれていたのですが、家に着いたとき車の中で彼から付き合ってほしいと告白をされました。最初は付き合う気もなく遊んでいたのですが、優しい人柄に惚れ私も付き合っても良いなと思うようになっており、お付き合いを始めることにしました。

付き合い始めてからはお互いの家が近かったということもあり、2、3日に1回ずつ会って一緒にご飯を作って食べたり家でDVDを見たりしながらすごしました。
また、お互いアルバイトをしていたのでそのお金を貯めて少し遠くまで梨狩りにいったり温泉旅行に行ったりもしました。

付き合って3年目に入ったころ、彼の部屋で1枚の写真が落ちているのを見つけました。そこには女の子と仲良さそうに手をつないで移っている彼がいました。
最初は昔の彼女かなと思ったのですが、彼がこないだ服を買ったと言っていた服を着ていたため最近の写真だということがわかりました。
彼にこれは何かと聞くと、実は浮気をしていてもう一人の彼女に本気になってしまったと言われました。
私は最初は何が何だか理解することができませんでしたが、私のことを1番好きでもない人と一緒にいたくはないと思い、二人で話し合い別れることにしました。

別れてからも彼からは1か月に1回くらいのペースで私の近況を訪ねるようなメールが来ていました。
しかし、私にも新しい彼氏が出来たので、彼は彼女とどうなったかは知りませんでしたが、きっとうまくいっているんだろうと思い、私は彼に連絡することはありませんでした。

それから3年ほどたった頃、また彼からメールが来たのです。その時は私も彼氏がおらず、メールの内容から彼も彼女がいないということがわかりました。
久しぶりにご飯でも食べながら話そうと言われ、久しぶりに彼に会うことになりました。
お互いに就職しており仕事の愚痴や最近どんな風に過ごしていたかを話しました。大学生活のうち2年半を彼と一緒に過ごしていたため、話もとても盛り上がり気付くと4時間ほどたっていました。

当時お互いにシフト制の仕事をしていたのですが、不思議と彼から連絡が来る時は私も休みなとこが多く、よく食事に行ったりドライブにいったりするようになりました。
ドライブ中彼が以前浮気した時のことを話し始めました。
相手の女の子にその後、浮気されすぐにうまくいかなくなったこと、浮気されてみて傷ついたし自分も同じことを私にしてしまったんだと思いとても反省したと言っていました。
私も浮気をされ悲しかったしすごくむかついたという話をしました。
お互いに自分の思いを話しすっきりした時彼から、もう一度やり直したらうまくいくと思うからもう一度付き合ってほしいと言われました。
私は少し悩んだのですが、当時好きな人もおらず、彼と一緒にいることに心地よさを感じていたためOKしました。

復縁後は1~2週間に1回ずつ会うというペースでしたが、その他の時間は友達との一緒に過ごしたり自分磨きの時間にあてたりでき、私にとってはとても良いペースだったと思います。かれも私と会っていない時間に仕事の勉強をしたりしてその数年後には若くしてエリアマネージャーに出世していました。
20代後半になりかれはそろそろ結婚を意識していたようですが、私は仕事が楽しかったことと昔からやってみたかった海外留学を諦めきれませんでした。
結局は結婚したい彼としたくない私のタイミングが合わずに別れることになってしまいました。

現在彼は他の方と結婚し、私も海外留学中に出会った人と結婚しました。
1年に1~2回彼からメールが来てお互いの家族の話を出来る関係になりました。
私たちは一つの家庭を築いて幸せになることはできなかったですが、お互いに良い人を見つけ今では幸せに暮らしています。

⇒彼氏の気持ちを占いで知る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする