ミュゼプラチナム

暴力を彼氏から。結婚はしたけれど。旦那になっても変わりません。

大阪に住むエミリです。

今の旦那との話です。今の旦那と当時はまだ恋人同士でした。私も彼も17歳でお互いに学生でした。
学生だったのでまだお互いに実家に暮らしていましたが然程距離はなかったです。自転車で5分くらいの距離にありました。
彼の実家は賃貸の戸建てでしたが,うちは持ち家でした。なのでうちは住宅ローンを払っていましたが、確か返済金額は毎月12万円ほどだったと思います。

彼とは付き合いたての頃よく喧嘩をしました。最初は口喧嘩程度だったのですが外で殴られたことがありました。
それが彼から受けた初めての暴力でした。私は初めて恋人に殴られました。その時の彼の顔は怒り狂っていました。

こわい表情で何度も見つめられ返す言葉を失っていた私に彼は殴りました。私は初めてだったのでどうすることも出来ず、ただただ逃げたいと思いました。

私はそれまでずっと暴力を振るうような男に出会ったら別れると思っていました。しかし実際は好きだったら受け入れられるのだと思いました。

その時自然と別れるという文字は私の頭の中にはありませんでした。浮かんでもきませんでした。

この場をどうして収めればいいのか、いつこの時間は終わりを迎えるのだろうという風なことを思っていました。
ほとぼりが冷め彼は冷静になり、外だったこともあったので帰ることになりました。

帰ってからは殴ったところの怪我を心配していました。
そこに何故か優しさを感じてしまったのです。それから何度も何度も喧嘩をして、幾度となく殴られたり蹴られたりしました。
彼の家で喧嘩になることはしょっちゅうあり、彼は親の前でも平気で手を出してきました。

その度にお義母さんは私を助けてくれました。
彼の両親は離婚していて、彼の本当の父親も暴力を振るう人だったようです。
その遺伝なのかはわからないですが彼は私に手を出して、ことぼりが冷めると毎回言っていました。
「最低な父親と同じことをしている自分が許せない」と何度も聞いたことがあります。
私も仕方ないのかなと思う部分もありました。

人生で最大だったと言える傷は顔面に青あざをいくつも付けられたことです。

その時も最初と同じように外で殴られました。彼は怒り狂い、私も同じように狂って外で叫びました。
助けを呼んだのです。すぐさま彼の親が出てきてくれました。
彼は2人で話したいと言ってきたのですがこわくてこわくて震えていました。いつも殴られた時はじっと耐えるようにしてきていました。
何度も経験する内にやり返すことができるようになりました。
やり返しても何も変わらないのですが気持ち的には楽でした。別れたいと思ったこともあります。顔
面にいくつもの傷を残された時は本当に嫌でした。年末だったので親戚に隠すのに必死でメイクしました。

喧嘩の後、彼は私の顔を見て傷が治るまでずっと後悔していました。
私の顔を見ては落ち込まれました。終わったことは仕方ないと思いましたが、彼は自分を責めて別れた方が良いのかと考えたようです。
私は今更別れてどうするのかと思います。私は今までたくさんのことを我慢してきました。
こわい思いをして付き合っていた時期もありました。毎回手を出されて一緒にいる意味はあるのかと深く考えたこともあります。
しかし長い間彼と過ごしてきて、彼の暴力以上に彼の優しさを知ってしまっていたのです。
怒ると手を出してくるかもしれません。それでもたくさん愛してくれました。
なので裏切らないという気持ちの方が強かったのです。友達に相談すると必ず別れた方が良いと言われました。
男はたくさんいると言われました。それでも彼が良かったのです。
だから私は彼をどんな時も裏切ることはできなかったのです。彼が悲観的になっても私は大丈夫だと言い続けました。

暴力を振るわれた時は痛くてもその後は必ず優しい言葉がくるのです。それを待って痛いのを耐え凌ぎました。
結婚するまでに4年かかりました。4年の間に何度も殴られたり蹴られたりしました。
徐々に頻度も減り、お互いに言いたいことを言い合い話し合いができるようになりました。
なので結婚してからはほとんどそういったことはありません。かなり彼は丸くなったと思います。
お互いに何も知らない時は喧嘩をするのは当たり前です。喧嘩が行き過ぎると手が出てしまう彼なのです。私は彼のことを理解しているつもりです。

もう彼と付き合ってから6年になりますがどういうことで怒るかなどがわかってきて、喧嘩になることも少なくなりました。
私はなだめる役になったのです。義理の両親には何度も助けてもらい、お義母さんには何度も謝られました。
結婚した時も暴力を振るわれた時も謝られました。そして感謝をされました。「我慢させてごめんね」と言われる度に私は涙が止まりませんでした。

そんな家族だからこそ私も嫁にいけたのです。大事にしてくれるので今ではこわいものはありません。
旦那のことをこわいと思うこともなくなりました。人というのはとても変わった生き物だと思います。
私は必ずないと思っていた暴力を振るう男の人と結婚までしました。普通ならあり得ないと思います。
周りからすれば馬鹿げています。ただそれはその立場になってみないとわからないと思います。
私も実際絶対にないと思っていても好きだから許せると思ってしまったのです。
好きという気持ちや依存というのはこわいです。私は彼に依存したのでしょう。
暴力の後の優しさをとても優しく感じてしまうこともこわいことだと思います。
しかしそうして私は彼にずっとついてきて何も後悔はしていません。お互いに傷つけあったことでお互いを知りました。
それぞれのあり方があって良いと思います。

電話占いヴェルニの麝香(じゃこう)先生に夫のDVについて相談しました
私のDV体験、言葉の暴力を電話占いで解決できました! 麝香先生にはただ、感謝しかありません。もっと早く相談すれば良かった。

彼と別れていたらもっと幸せだったかもしれませんし、彼と別れていたら今より不幸せだったかもしれません。
それは誰にもわからないことです。自分がしてきたこと、取ってきた行動に間違いはなかったと思って私は生きたいです。
彼のそばで彼を選んで正解だと思っています。
暴力は完全に治る保証などはありません。いつまたその日が訪れるかはわかりませんがまた起きても私は立ち向かえます。
もうその精神が身に付いています。何度起きたってその人を理解していることで乗り越えることができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする