ヴェルニのくるみ先生の占い体験談

ヒロです。山梨県におすまいの20代女性、リサさんの電話占いヴェルニのくるみ先生の占い体験談を紹介させていただきます。今回も少し辛口です。

電話占いヴェルニのくるみ先生は、私が復縁の願いから吹っ切れようと、12歳年上の男性を好きだと思い込んでいた時に出会った先生です。
一年ほど電話占いから離れていたのですが、この片思いを機に、一番頼りがいがあったヴェルニの雰囲気を思い出し、手を伸ばしてしまいました。
ヴェルニにはコンシェルジュが悩みに沿って最適な占い師を探してくれる無料サービスがあり、半ば遊びのような感覚でしたので、それで選んでもらいました。

三人ほど探し出してくれた中で、一番評価が高く、いつでも電話ができ、時間外の受け付けもしてくれているという柔軟性の高さにひかれ、くるみ先生を選んだのを覚えています。
ヴェルニは基本的に電話をすると、自動応答の後数十秒のあきがあって先生が出るのですが、この先生はあきがなくすぐさま出てくださいました。(それほど時間が空いている先生=人気がない先生、とも言えますが、)柔和でありながらも語り口はきっぱりとした先生です。

オブラートに包まず思ったことをばっさばっさと言い、こちらの気持ちを汲んで言葉を選ぶというよりかは、こちらのためになる言葉を選ぶ方という印象を受けました。
因みに、私の当時の相談内容は「どうしたらこの片思いが成就するか?」でした。
その際の占術はタロットカードです。

過去は一切見る事がなかったため、ケルト式などの多くの枚数を使用する占術ではなく、スリーカードなど少ない枚数を用いての占いだったのではないでしょうか。
カードをめくる音が少なかったので、一度めくったカードをじっくり見る事によって、こちらの知りたいことを調べていく方のようです。
主に今現在の彼の気持ち、対処、未来を見ていただきました。
結果は「今お互い両想い、このままさらに関係を築いていき、うまくいけばクリスマスにはもう付き合うことができている。」でした。(当時は10月の後半です。)
ただしこの先生に関しては、さばさばしている割には具体的な事柄はあまり仰らず、精神的な事柄が多かったように感じます。
両想いという割には、彼が今どんな思いでいるのかはあまり語らない。

対処に関しても、このまま行け、という指示が最終結論でした。
未来を語り、元気づけるというか、安心させるスタイルでした。
クリスマス、という時期もしつこく聞いて聞き出したもので、徹頭徹尾「具体的な時期は正直わからないけど、恐らく」という曖昧な雰囲気でした。
当時元気は出ましたが、もやもやした気持ちで電話を切ってしまい、又すぐに憂鬱になったのを覚えています。
料金は3000円ほどでした。
実際はそれからクリスマスまでに、私が向こうの男性のことを顔も見たくないぐらい嫌いになり、向こうも私のことをいいように利用していただけだということが後からわかりました。クリスマスは実際に会いましたが、そんな話は微塵もなく、今は連絡すら取っていません。

やっぱり、この人が良いな。

⇒未来が見える?
⇒トワコ先生!


この人の体験談を読んで入ってみました。