彼女が他の男の人と結婚していました。

札幌に住むハラダです。20代の男です。

大学に進学した18歳の時、地方出身者で友達がいなかった僕は誰かれ構わず声をかけて、友達作りに励んでいました。
そんな中で気の合う女友達が出来て頻繁に遊ぶようになりました。この子とは特に恋愛感情を抱くことなく大学卒業した今でも友人関係は続いています。

今はわかりませんが、当時は女子高生と言えば誰もがプリクラ帳を持っているような時代だったので、彼女が欲しいと思っていた僕は、その女友達にプリクラ帳を見せろ!となかば強引に見せてもらうことになりましたが、この時見せてもらったプリ帳の中に、ストライクゾーンど真ん中の子(以下A子)がいました。プリクラで補正がかかっていることを考慮しても可愛いこと間違いないと直感で思ったと同時に一目ぼれしていたのだと思います。

A子を指さして、「この子紹介して」と頼むも「A子は彼氏いるから無理」と断れました。
しかし女友達とA子は中学校からの親友でかなり仲がいいということで、よく遊んでいると言っていたので、A子と出会うチャンスはありそうだと密かに思っていました。

チャンスは思いの他早く訪れ、女友達を含めた複数人で私の家で鍋パーティーをしていたときに、女友達の携帯にA子から着信が。
A子はオープンな性格ということもあり「誰?今、手話せないから出てくれない?」と言い出したのです。

携帯の一番近くにいた私は即座に電話にでると、女友達が電話に出れない旨を伝え、ついでに鍋パーティーに誘ってみたところ「おもしろそうだから行く」と言い出したのです。
このときほど自分の運の強さに感謝したことはありません。

30分後くらいにA子が僕の家の最寄り駅についたというメールが来たということで女友達と一緒に迎えに行きました。
生で見るA子はプリクラの倍くらい可愛くて、女優でいうと柴咲コウさんに激似でした。僕の目に狂いはありませんでした。

挨拶もそこそこに僕の家で鍋を楽しみました。A子は人見知りだとは言っていましたが、ノリが良く、その場にいた男友達とも仲良くなっていました。
ちなみにA子は僕たちとは違う大学に通っていました。

鍋パーティーも落ち着いてきたころ、話題は恋愛の話になっていました。
そこで改めてA子に彼氏がいるということを聞きましたが、自分が電話に出てダメ元で誘ったら鍋パに来てくれたことに僕は運命ではないかと考えていました。
もう自分の中ではこの子と付き合えなかったらおかしいくらいに思っていたと思います。

解散時に連絡先を聞き出して、そこからメールのやりとりが始まりました。
最初はお互いの過去の話なんかで盛り上がっていましたが、次第にA子は彼氏の愚痴をこぼすようになりました。

付き合って2年たち、連絡もなぁなぁになったり、会う頻度も月2回程度だということでした。
当初女友達から聞いていたとおり、彼氏さんのことが相当好きな印象を受けましたが、話を聞く限りでは彼氏はA子に冷めてるんじゃないかと感じました。

そこからはガンガン攻めました。

「彼氏あんまり会ってくれないなら俺と遊びにいこ?」と誘ったり、毎晩のように電話してたと思います。
当時のA子の彼氏があまりA子をかまっていなかったおかげで、僕がA子と付き合えるまでにそんなに時間はかかりませんでした。

出会ってから3か月くらいで、彼氏と別れて、僕と付き合うことになりました。付き合ってから聞いた話では、元彼にかまってもらえず寂しい思いをしていて女友達に電話したところ、僕が出たそうです。彼女が弱っているタイミングでうまく滑り込んだ形ですね。

そこからA子とは2年付き合いました。A子は短大に通っていたこともあり、先に社会人へとなったわけですが、学生と社会人のギャップに僕らはうまく行かなくなりました。

別れてからは、たまに連絡をとるくらいの仲でしたが昨年A子から「結婚する」という話を聞いて「おめでとう」と伝えてからは連絡は取っていません。

婚期を占いで!電話占いウィルの月村天音(ツキムラアマネ)先生は当たる?
私も、もうすぐ30歳になる。このままで本当に結婚できるの?結婚願望のない彼氏とは別れるべきか?それとも彼との付き合いにしがみつき、結婚に持っていくべきか?果たしてそんなことは出来るのか?

SNSではつながっているので、彼女の結婚式の様子などが投稿されていて、やっぱり可愛いなと思いますが、未練は全くありません。
むしろ”本当の”運命の人に会えてよかったねと彼女の幸せを嬉しく思っています。
当然A子も幸せに過ごしていると思います。先日久しぶりにSNSを見ると子供の写真を投稿していました。
幸せそうな生活を送っていてなによりです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする