釣り合わない彼氏と女としての私

管理人のヒロです。今回は埼玉県の「アン」さんの体験談を紹介させていただきます。

その男性と知り合ったのは、プロ野球の二軍戦の試合球場で知り合いました。
その時の私の年齢は30歳。仕事はクラブでホステスとして働いていました。
当時の彼の年齢は27歳。仕事はプロの野球選手でした。

その彼はとても身長が184センチもあって、体型もがっちりとした方で、今まで私が出会った事のない様な男らしいとう体型の人でした。
彼の性格の特長ははじめは良く分かりませんでしたが、少し高飛車の自信家さんの印象を強く受けました。
彼のがっちりと逞しい体型とは真逆の私は、身長も154セントと小柄で当時はスリムだった方だと自分では思っていました。芸能人で似ているとたまに言われるので、サッカー界のキングカズ選手の奥様の設楽さんと言われる事はたまにありました。

私の性格は比較的誰とでもすぐに打ち解けられる性格で、そんな性格が当時の仕事に向いているのではないか?と誘いを受けて接客業をしていました。
なので、交友関係も広く、どんな職種の人とでも仲良くなれる、周りから見たら気を使わない相手だと言われる事が多かったのです。
しかし、その半面で好きな男性や少し好意を持ち始めた男性には凄く意識をしてしまう部分が強くて、普段の様な誰とでも楽しくざっくばらんに話せるという、自分の良さを全く出せなくなる産な部分があると、友人からはよく突っ込まれていました。

なので、自分の性格を分析すると、何でもないような人には本当の素の自分を見せられて、格好もつけませんが、意識した相手とは一切話題が盛り上がらない楽しくない性格になるくらい、性格に波があるタイプで、積極的な部分と人見知りをしてまう部分の二面性があると言う性格だと自分で思います。

私が彼と出会ったのは、職場の仲間が彼の職場の人と知り合いで、試合を観戦に来ないか?と誘われたところに私もついていく形で、彼を知りました。
それまで野球なんてスポーツに全く興味がありませんでしたが、その時に初めてみたプロの試合は二軍戦とは言え感動しました。

それは今まではテレビの中の世界にいた方々が目の前で見られて、しかし今まで出会った事のない様な逞しくて大きな男性たちに、一気に気持ちを持っていかれた記憶が鮮明にあります。
もともと職場の仲間がそのチームに自分が狙っている選手がいると言うことを聞いていましたが、一瞬で私は彼女の気持ちが分るほど、初めてみる彼らの姿び憧れました。


そして、試合後にむこうの選手4人とこちらは女性2人と合計6人で焼肉を食べに行った時に、私はその中の1人の選手を好きになってしまったのですが、すぐに彼に彼女がいるのか?どんな人が好みなのか?私みたいな女性はタイプではないか?と言う事が気になりました。
しかし、いくらなんでも初対面で色々は聞けないので、その日は番号交換だけで留めました。それから週に1度のペースで彼と電話で話す様なりました。
その時に、彼は私をどんな風に見ているのかと?知りたくなりました。出会いから約2ヶ月くらいでした。

こちらから1週間彼に連絡をしないと、暫く間を開けて必ず彼から用事もなく連絡が来ました。
しかし、本当に用事がある訳ではなく、遠征中のホテルで時間を持て余している・・とか、移動の途中とか・・本当に暇潰し的でした。
私の事なんて彼女のする気持ちがあるのかな?と思うまま、時が過ぎて、彼との出会いから4ヶ月くらい経過した時に思い切って聞いてみたのです。

私は彼とは半年の間に実際に会ったことと言えば、最初のみんなでの焼肉屋さん。次に三ヶ月目位に試合に誘ってもらったので、試合を見てから、遠征先の宿舎に私の部屋を取り、そのホテルで軽く一杯やった2時間程度の二回です。
しかし、このままでいて、私はいつか彼女になれるか?聞いてみのたです。
ダイレクトにそう聞いたのは電話でしたが、彼の答えはNOでした。

彼には最初から彼女はいたそうです。そして私とはたまに遊べる女友達になれたらと思ったと、はっきりと言われたので、深みにはまる前に彼を諦めることができました。私は行動を起して良かったと思いましたが、今思うと身の丈にあっていない片思いだと感じました。

⇒恋愛占いなら
⇒愛染先生!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする