一目惚れで好きになった人に告白しました

管理人のヒロです。今回はニューヨークにお住まいのクラウディアさんのさんの体験談を紹介させていただきます。

その男性と出会ったのは、モナコでした。私は当時36歳でニューヨークに住んでいました。

仕事はフォトジャーナリストをしていて、大学からずっとニューヨークに住んでいて、その時は取材と撮影のためにモナコグランプリに行っていたのです。
相手の男性はF1のフェラーリチームのチーフエンジニアをしている人で37歳でした。レースが始まる前の準備段階の時に声をかけられて、話をするようになりました。その人はそれほど背が高いわけでなく、中肉中背というような感じで、髪の毛がカールしていて、目がアイスブルーでした。それほどハンサムというようなイメージはありませんでしたが、とても頭がいいというような印象を受けました。声がとても良くて、私は声フェチなので、とてもいいな、と思いました。
その人の性格はイタリア人らしくない硬派というような感じで、真面目な感じでした。優しくて、冗談はあまり通じなさそうな感じでしたが、とても賢い感じがして、話をしていたらとても楽しかったです。

私の外見の特徴は、身長が160センチでやせ形、当時のスーパーモデルのクラウディアシファーに似てるとよく言われていました。
スタイルがよかったので、結構ニューヨークなどではナンパに会うことが多かったです。
見た目年齢が非常に若く、当時でも大抵24-26歳くらいに見られていました。
私の性格はかなりの硬派で、遊びで男性と付き合うようなことはありませんでした。
真面目でなかなか奥手で、自分から行動することがあまりありませんでした。明るく、ジョークが通じて、ウィットのセンスがある方でした。男性には割と持てる方で、それで彼にも声をかけられたのだと思いますが、外見もセンスが良いのですが、性格的にもかなりセンスが良い方だと言えます。
彼とは取材でいろいろなところを見せてもらい、連絡先を交換して、一緒に写真に写ったりしました。それで、モナコグランプリは終わったのですが、モナコからニューヨークに戻ったら、彼からメールが届いていて、次のカナダグランプリには来るの?と書いてありました。本当だったら行きたかったのですが、モナコで2週間過ごしたばかりでしたので、休みが取れず、モントリオールまで行くことができませんでした。
そして、メールと電話でのやり取りをするにしたがって、私は彼のことが大好きになりました。
それで、モナコから3ヶ月後にアメリカグランプリがあって、その時に会うことにしました。
会場はインディアナポリスだったのですが、再会したら私のことをどう思っているのか知りたいと思いました。

私は9月のインディアナポリスに行くために飛行機の予約をして、彼は私のためにホテルの予約をしてくれて、実際に3ヶ月ぶりに再会したのですが、なぜかちょっと冷たいような感じがしました。
それで、レース後の食事の後で、自分の気持ちを告白しました。彼はちょっとびっくりしているようでした。それで、自分のことを知らないじゃないか、と言われてしまいました。
それからも、メールでのやり取りをして、写真を送り合ったりしましたが、その次に彼に会ったのは日本グランプリの時でした。
鈴鹿サーキットで再会したのですが、一緒に部屋で食事をしました。
そして、彼は他にいい男はたくさんいるから自分のような男は良くないと言われました。
彼は私にいい思い出だけ持っていて欲しいと言いました。
つまり私は振られたのです。
友達のままでいた方がいいと彼に言われてかなり悲しかったですが、嫌われているわけではないということがわかってちょっとホッとしました。
彼は世界中を飛び回っていて、付き合うにも付き合えないような状況にあったので、私の片思いは成就することができなかったのです。

⇒恋愛占いなら
⇒愛染先生!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!